現在募集中
過去実績

2018.11.16

地域で育む子どもの居場所づくりプロジェクト

本プロジェクトアセットは、厚生労働省「平成30年度保健福祉分野における民間活力を活用した社会的事業の開発・普及のための環境整備事業」として採択を受けた「社会福祉法人東近江市社会福祉協議会」の提案事業です。
本記事は、社会福祉法人東近江市社会福祉協議会(以下「東近江市社会福祉協議会」)へのインタビュー内容を基に再構成しています。

東近江市社会福祉協議会は、子ども食堂をはじめとする子どもの居場所づくりを通じて、
全ての子ども、大人が見守り合える機会が地域に自然と生まれ、課題を抱える子どもや世帯などが孤立しない地域づくりを目指しています。

 

子ども食堂は、地域の子どもたちに無料や低額で食事を提供するもので、子どもの貧困を背景に全国に広がっている取り組みです。

東近江市の子ども食堂は、貧困の有無に関わらず、多様な世代や異なる環境の人たちが集いあう「ごちゃまぜの居場所」スタイルです。
東近江市社会福祉協議会は、この「ごちゃまぜの居場所」にこそ大きな意味があり、そういった居場所づくりが進むことで「地域で共に生きていく」意識が高まると考えています。

 

東近江市社会福祉協議会が行う子ども食堂への支援

・ 子ども食堂の立ち上げへの相談、支援
・ 子ども食堂の発掘、発信
・ 運営に関する相談、支援
・ 滋賀の縁創造実践センターへの推薦
・ 地域団体(民生委員・児童委員、地区社会福祉協議会、まちづくり協議会等)への仲介
・ 寄付金・寄付物品の受付と配分
・ ボランティア募集と支援者のコーディネート
・ 案内チラシの印刷

東近江市にある子ども食堂の中で3カ所を紹介

●八日市おかえり食堂
運営:おてんとさん(協力者:地域住民、学生ボランティア等)
活動地域:八日市地区
参加対象:子どもから大人まで
開催日/場所:月1回(土曜)11:00-15:00/太子ホール
活動内容:食事の提供と居場所づくり
料金:子ども無料/大人300円

子ども食堂の運営は設立メンバーの4人以外に、地域の方々や学生等がボランティアとして参加しています。
東近江市社会福祉協議会が開催している子どもの学習支援事業に参加する高校生が、子ども食堂へボランティアとして参加することもあります。
色んな世代にとって愛される居場所になっています。

●子ども食堂 あじと
運営:子育て中のお母さん(協力者:地域住民)
活動地域:玉緒地区
参加対象:玉緒小学校と玉緒中学校の生徒やその家族、地域の人
開催日/場所:月1回(平日)15:30-17:30/玉緒幼稚園周辺
活動内容:食事の提供、宿題、自由時間
料金:子ども無料/大人100円

食事を一緒にすることで子どもと地域がつながる場を作り、寂しさやしんどさを抱える子どもたちを地域で見守り育てていく。地域ぐるみで子どもを大切にする、垣根のない居場所を目指しています。

●子どもカフェあおぞら
運営:個人(協力者:近隣有志、民生委員、児童委員、小学校コーディネーター)
活動地域:沖野団地自治会周辺地域
参加対象:小学生から
開催日/場所:隔月1回(土曜日)11:00-14:00/自宅
活動内容:食事の提供、遊び、学び
料金:子ども100円/大人200円

「地域の子どもたちを大事にする場所」として、大人と子どもたちがつながり合える、そんな子ども食堂を目指しています。

前のページに戻る